住所移転のお知らせ

(活動してないので恐縮ですが)皆さんこんにちは。

2018年2月いっぱいで営業休止とさせていただいて、しばらく浅草橋でぼーっとしていましたが、場所を移すことにしました。

新住所は以下です。
〒131-0032
東京都墨田区東向島3-36-1
ブランキューブ1階
TEL:03-6657-3052

当たり前ですが、サイトURL、メールアドレスともに変更ありません。
www.naturalset.jp
info@naturalset.jp

依然として実店舗営業はしてませんので、とりたててお知らせする事じゃないのかもしれませんが、どうなってるのかな?立ち寄っていただいて、あれっ?とびっくりさせてしまうのもいけないので、お知らせしておきます。

それでは皆さま。お元気でお過ごしくださいー。


カテゴリー: お知らせ, 営業案内(実店舗・ネットショップ), 実店舗アクセス |

機会があったのでpigskinのポーチを作りました

皆さんこんにちは。
先週、ちょっとした機会があって、pigskinのポケットポーチを作りました。

革の在庫があったグリーンキャメルです。
それぞれ1個、2個づつ作れば用は足りたのですが、各色、まるまる1枚づつあったので、使い切るつもりで作ってみました。

牛は身体がでっかいので、半分に切った状態で流通しています。
日米だと背の方向に沿って、ヨーロッパだと背に対して垂直に切ることが多いです。
それに対して豚は、牛より小振りなので、まるまる一枚が基本です。

その一枚から、だいたい10個から12個くらいポーチが作れます。
豚は元気で革にヒヅメで傷がつきやすい(と妙にわかりやすい説明を受けたことがあるが本当にそうなのか納得はしていない)らしく、ほんとに無傷に近いラッキーなのもあれば、(-_-)な感じのもあり、前者だと12、3個、後者だと10個くらいになります。

今回つかったのは、いずれも前者。
特にキャメルのほうは、表面の美しさに加えて、しっかりした厚みがあり、なにか特別な機会があるときに使おう。と取っておいたやつでした。
モズの早贄(はやにえ)っていうやつですね。休業入りしてから発見してしまいました。
自分でみつけただけモズより格上ですが。

これは、ポケットを付けて、ファスナーを付けて、中表で縫って、表返して形を整えるのですが、形がシンプルなだけに、途中の工程でズレが有ると、歪んでしまいます。
その点では、大きくて複雑なバッグよりも丁寧さが求められるわけなので、技量が落ちないように時々やっておくべきかなぁ、などと思いました。

で、軽く写真を撮りました。

メイキングにしては中途半端ですが、↓これが↓↓こうなって↓↓↓こうなります。

それぞれネットショップに在庫登録しておきましたので、ご入用の方はどうぞ。


カテゴリー: 製品別:ポーチ・財布 | タグ: , |

黒いバッグ2点。せっかくなのでアップしますー。

皆さんこんにちは。
と言ってみても、お店終わってますのでどなたも見にいらっしゃらないはずですが。。

以前からご注文いただいていたショルダーバッグの製作と、セール中にご注文いただいたトートバッグの仕上げ作業がそれぞれ終わり、週明け発送。というところまでこぎ着け、せっかくなので、と写真を撮りましたので軽くアップさせていただきます。

品物はすっきりショルダーバッグと、ステッチトート。どちらも黒です。
ショルダーの方は、この8年の後半を、ブラウンとともに活躍してくれた定番品で、トートのほうは、ブラウン、グリーンとともに、前半で頑張ってくれた準主役級のバッグです。

どちらも大変思い出深いバッグですね。
こうして並べて撮る機会はなかったので、なんとも感慨深いです。

最初はすっきりショルダーの方のカットから。
ちょいナナメになってしまってすいません。よくやってしまいます。撮ってるときは気づかないんです。

よこから。

おしりのところ。
ダーツ?のところもズレずにキレイに縫えました。

ファスナー部分。
本体の革と、内布と、ファスナーの3点を重ねて、一度に縫い付けています。

中のポケット。
タグの文字が随分とわざとらしく光ってますね。
バッグの中を撮るときは、どうしても暗くなりがちなので、写真に映らない手前のところに白いはがきをおいて、上からの光を反射させて明るくしております。
より明るくしたいときは、アルミホイルもいいかもですね。

次にステッチトートです。
たしか2010年デビューだったと思います。黒、茶、グリーン、とだいぶ作った記憶があります。
本体部分は見ての通りの普通のトートですが、ハンドルが底部分から一枚で立ち上がっているのが特徴です。
革を余計に使うので、革の質がいまいちで、価格もたかくなった今では、ちょっと作れないデザインですねー。

横から。
マチたっぷりですね。15cmだったと思います。

底。
底の内側には、全面に厚地の不織布で芯をいれて、ステッチで縫いとめてあります。

ステッチトートの所以であるステッチ部分をアップで。
中央のポケットは革のはじっこの形を活かしたデザインになっています。

ハンドル部。前から。

内布。
ステッチに合わせてオフホワイトです。

最後に再度、ツーショットで。

皆さまどうぞ元気でお過ごしください~。


カテゴリー: 製品別:バッグ |

ご注文いただいてたバッグ

皆さんこんにちは。
年も改まり、冷え込みが厳しくなってきてますが、お元気でお過ごしでしょうか?

先般、お知らせいたしましたとおり、本年1月いっぱいをもって、長期休業に入らせていただくこととなり、目下、在庫処分セール分の発送や、店舗部分の片付けなど、それなりに忙しくさせていただいております。

現在販売中の製品は作り置きした在庫のみなので、新規ご注文の製作のためにミシンを動かしておりません。
ただ、休業のお知らせ以前にご注文いただいた製品については、一部製作を行っています。

そんななかで、これまで作ったことのなかったテイストのバッグを作る機会があったので、今更ながらですが、アップしてみようと思いました。

鬼子母神の手創り市においでになったお客様からご相談を受けて作りました。
気に入ってお使いだったバッグがだいぶくたびれたので、作り直したいとのことで、(当時は)時間に余裕があったのでお受けしてみました。

本体の寸法と持ちての長さ、ファスナー開閉、中仕切りの構成については、元になるバッグの仕様を踏襲して、あとはおまかせという事でやってみました。

まず正面

ナチュラルセットのバッグは、多少クタッとした風合いにするために、裏に芯をあてないケースが多いです。(芯=厚手の不織布)
幅40cmクラスのものだと、胴の上半分にあてたり、それより小さいものでも、口周りをハッキリさせたいときにあてるくらいです。

対して、このバッグはマチ部を除く全面に芯が入れてあります。
入れてある、というよりは、きっちりバッグの寸法に切り出した芯のふちに革を貼り込んで縫製するので、「芯に革を巻いてある」といったほうが正確かもしれません。

このファスナーはもとのバッグについていたので、つけました。

上空より。
ファスナーで開閉するようになっていて、両端はホックで留めてあります。
金具類はファスナーの引き手を除いて、真鍮です。
赤と真鍮色のコントラストが華やかです。

マチのところを横から。
マチに2センチほどの帯を縫い付けて、その帯と胴(正面)を縫い付ける二段構えになっているので、一段落ち込んだようになっています。

底。
フロアにおいても汚れにくいように、底鋲がついています。
底鋲はこれまで使っていませんでしたが、こういうカチッとしたバッグの場合、ないとヘンですね。

持ちてのところのアップ
取付部のかまぼこ形のパーツは、厚手の不織布を重ねて土台を作って、中央が膨らむように、ひと回り小さく切ったウレタンの素材を貼って、最後に革で巻いて作りました。

内側も、中央の仕切りと、両側面に手の込んだポケットをつけてあったりで、全部で4日半くらい?かかりました。
なかなか大変でしたが、いい経験になりました。

休業入りまでに、バナナバッグをあとひとつ作ることになっています。
最後まで気を抜かずにがんばりたいと思います。


カテゴリー: 製品別:バッグ | タグ: , |

休業のお知らせ

いつもナチュラルセットのブログを御覧いただきありがとうございます。

思うところあって、2018年1月をもって長期休業させていただくことにいたしました。
最低一年は、と思っておりますが、再開時期については未定とさせていただきます。

2009年の夏に開業させていただいてから、8年間営業させていただきました。
その間、実にたくさんのお客さまにご利用いただきました。ご愛顧に深く感謝申し上げます。

これに伴い、現在在庫があるコモノや展示品などは30%オフのセール価格で販売させていただきます。
(ご注文いただけるようになっている商品は在庫があるとお考え下さい)
表示価格は定価ですが、ご注文いただいた後、割引を適用して再送させて頂く形をとります。

店舗営業は年内いっぱい(23日・30日)、ネットショップのご注文は2018年1月末までといたします。
ホームページは御覧頂ける状態で維持するつもりです。

以上、お知らせいたします。

—-

2018.02.24追記
お休み中ではありますが、pigskinのポケットポーチを少し作ってみました。
ご入用の方はどうぞ。
グリーン
キャメル


カテゴリー: お知らせ, 営業案内(実店舗・ネットショップ), 実店舗アクセス |